【Before・After】お一人暮らしを身軽に(2)

こんにちは!

北海道の「美しい暮らしの空間アドバイザー」

たかだま まどかです。

前回に引き続き

Aさん宅のBefore・Afterです。

(ブログの掲載にご了承いただいております。ありがとうございます)

前回の記事はこちらからご覧いただけます→

   

Aさんは 70代(男性)お一人暮らし

築40年超えの分譲団地

間取りは3LDK

暮らし始めて24年になります。

   

今日ご紹介するのは、↓○印のお部屋です。

その前に・・・

   

お片付けには順番があります

「安東流のお片付け」には「順番」があります。

物置や納戸などの収納スペースから始めて

和室→寝室・子ども部屋などの個室→洗面所→トイレ→キッチン→リビング

最後に玄関で終わります。

   

物置や納戸の中は人目につきませんし

ついつい物を放り込んで

不用品が詰まっている可能性が高い場所でもあります。

ですから最初に収納スペースから片付け始めれば

物を見直して不用品を手放すきっかけになり

空いたスペースを有効に使うことができます。

   

ここをしっかりリセットできるか否かで

家全体の片付け後の仕上がり・生活のしやすさに大きく差が出ます。

「安東流のお片付けはリバウンドしづらい」と言われるのは

このように見えない場所から、徹底的に家全体を片付けるからなのです。

   

Aさんのお宅の場合、

外の物置は自転車が置いてあるだけで

ハナマルを差し上げられるほど綺麗にお使いでした^ ^

そのため、お部屋自体が物置化していた

こちらから片付けていきました。

      

作業途中

(Before写真を取り損ね、作業途中の写真です。申し訳ありません)

床にある黄色の袋は

Aさんご自身が処分すると決められた衣類です。

40リットルの袋10個分です。

実際の作業開始時は、↑その衣類や

↑これらの「いつか捨てようと思っている物」

いつかまた使うかもしれない物」が

床一面に広がっていました。

   

「この部屋はいらない物を置いておく部屋だよ ワハハ〜」

と、Aさんは案内してくださいました ^ ^

   

このお部屋に置いてある衣類は、ほとんど着ていないと言うAさん。

アイテムごとに分けてから

一枚一枚、着るのか・手放すのか判断していただきました。

衣類は物置部屋の他に

寝室やリビングにもありましたので

Aさんのペースに合わせて、休憩を入れつつ進めました。 

始めのうちは、なかなか判断をつけられないようでしたので

「虫食い」や「シミ」などの

いたんだ部分をひとつひとつ見ていただきました。

ご本人の想像以上に、いたんだ衣類が多く

(ショックを受けていらっしゃいましたが)

たくさん服を持っていても

自分で管理しきれないのなら無駄にしてしまうだけ

気づかれた後は

「これは着る」「これはダメになってるね!」「これももう着ない!」と

取捨選択もどんどんスピードアップ↑↑

Aさんの頑張りで

この黄色い袋の分だけ衣類を手放されました!!

   

After

Aさん、衣類の取捨選択を終わらせた達成感で

「いつか捨てる・使うかも」と仰っていた物の

取捨選択にも勢いがつき

衣類以外の不用品も潔く処分され、こんなにスッキリされました。

   

Before写真はありませんが

このお部屋には備え付けの洋服ダンスがありました。

出番が少ないスーツ類を収納しました。

もちろんこちらも

しっかり取捨選択していただいてから保管しました。

もう「物置部屋」ではなくなりましたね。

   

残すことになった衣類は?

Aさんのお困りごとのひとつに、衣類の収納がありました。

今までは、この物置部屋・寝室・リビングに分散され

各部屋に「服の塚」ができていました。

ご年配の男性ということで

衣類の出し入れに手間がかかるようでは

思い切ってお片付けをご依頼された意味がなくなってしまいます。

次回は、ご年配の方でも男性でも

負担にならない衣類の収納をご紹介いたします。

        

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

   

↓全国の「美しい暮らしの空間アドバイザー」のご紹介です↓   

   

高玉(たかだま)へのお問い合わせ・ご依頼はこちら→

活動地域:北海道(札幌市よりお伺いします。遠方の方もまずはご相談ください)

   

ブログ「うちへ帰ろう!」へ

お立ち寄りくださいましてありがとうございました。

「安東流のお片付け」を多くの方に知っていただきたくて

【にほんブログ村】のランキングに参加しました。

おかえりの前に↓のイラストをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


にほんブログ村

 

【Before・After】お一人暮らしを身軽に(2)” への4件のフィードバック

  1. こんばんは〜!
    高齢者さんの一人暮らしは、物が多いお宅がほとんどですよね。
    義実家、実家の片付けや、仕事でも実感してました。
    片付けを決意されたAさん、素晴らしいですね!
    続きが楽しみです!

    はい、ジャイアンドウ会でした^^;

    1. モエさん
         
      おはようございます。
         
      モエさんは義実家とご実家の両方を片付けられた!?
      お仕事でも高齢者さんと関わられているんですね!
      すごいです。いろんな「気づき」もあるのでしょうね。

      私は、Aさん宅のお片付けで
      今まで自分にはわからなかった
      高齢者さんならではの思いを知ることができました。
      なぜいろんな事が放置されたままなのか
      なぜ、手放せないのか。
      なぜここにコレを置いているのか・・・

      コレからも頑張って更新していきます。
      「楽しみ」と言っていただけて嬉しいです。
      ありがとうございます(^ ^)

      やっぱり!!ジャイアンドウ会♡笑

  2. お邪魔します。
    ☆ブログ開設、おめでとうございます☆
    衣類のゴミ袋が黄色いんですねっ?地域ごとの指定ゴミ袋
    が色々あって、面白いです。
    私は引っ越しが多かったので、新しい街のゴミ出し選別に
    ついつい目が行きます^^
     たくさんの衣類を手放されましたね。ほっとする、帰りたい家になったでしょうね!

    1. 二色 恋さん

      いらっしゃいませ〜
      コメントありがとうございます!!

      ゴミ袋も選別も地域ごとに様々ですね。
      二色 恋さん、お引越しが多かったのでしたら
      その都度ルールを覚えるのも大変でしたでしょうね。

      私は、数年前息子たちの赴任先が決まった時
      引越しの準備と合わせて
      ゴミの選別をネットで調べて一緒に確認しました。
      ゴミ選別の仕組みが、お家の中で上手くできていないことが
      片付かない原因になる事もありますしね。

      Aさん、本当によく頑張って
      長年のアレコレを手放して
      ホッとできる環境を手に入れられました。
      どうぞ、また見にいらしてください^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です