リフォームを2回しました

こんにちは!

北海道の「美しい暮らしの空間アドバイザー」

たかだま まどかです。

更新のない日もご訪問ありがとうございます。

   

美しい暮らしの空間®︎チャンネルでは7回にわたり

「失敗しない家づくり」をテーマに配信中です。

   

安東先生は

「せっかく建てた家なのに、こんなはずではなかった」

と、なってしまう原因の1つに

親戚や知り合いの工務店・ハウスメーカーで家を建てて、

もしくは紹介で家を建てたことで

親しいばかりに

家に不満があっても言えない

不仲になってしまうなどの例をあげています。

   

以前わが家が、完全分離型の二世帯住宅へリフォームしたことを記事にしましたが→★

実はそれよりも前、今から19年前にも1回目のリフォームをしています^ ^

義実家へ私達世帯が同居するために、部屋数を増やす必要があったからです。

   

依頼先は義父の知り合いで、とても仕事が丁寧な大工さん。

問題は大工さんではなく、

良かれと あれこれ提案してくれる義父に

遠慮したまま

話が進んでしまったことです。

   

今となっては

「我が子が嫁さんと孫を連れて帰ってくる!!」

という思いからだろうと思います(^ ^)

   

中でも困ったのが

私達世帯の入り口には

「ドアはつけずに解放感のある空間にしよう♪」との提案。

   

実際に暮らし始めると

プライバシーがないに等しい生活が、

じわじわとストレスになっていきました。

また、オープンなだけに冬場の寒さ問題も。

子ども達の成長と共に、個室の必要性を感じたことなど

書き出したらきりが無いのですが

   

「なぜ断れなかったのだろう」

「自分が思い描いていた暮らしではない」

「余計な遠慮はしなければよかった」

と、今更言えない後悔が。

      

主人と何度も話し合い

義父の了承も得て

自分達で探してきた工務店さんへ依頼!

2回目のリフォームとなりました。

   

おかげさまで

現在はちょうど良い距離感で

良好な関係を保っています!!

   

我が家は2回のリフォームで

家が一軒建つだけの

お勉強代を支払ったことになりました。

   

実際に生活したら

どんなことが想定されるのか、

メリットばかりではなく、デメリットも

知る・よく考えることが本当に大切です!!

   

↑↑↑

今後家づくりをお考えの方はもちろん、全ての方に参考になるお話がたくさんです。ぜひご覧ください!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

   

多くの方に“安東流”を知っていただきたくて、ランキングに参加しています。

お帰りの前に↓ ↓ ↓のバナーを押していただけると幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


にほんブログ村

   

お知らせ

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大の防止と予防のため

現在 ご訪問でのアドバイスは控えておりますが、

【お電話相談】にて対応しているアドバイザーが全国にいます。

↓詳細はこちらからご覧ください↓


高玉は現在 “お問い合わせ” のみお受けしております。

通常時でも、お電話でお困りごとをおうかがいする事からスタートし

お片付け作業に入る前準備として

ご家族皆さんで出来ることをご提案していきます。

今この時をご一緒に、お片付けの準備期間にあててみませんか。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です