⑥以前の私は【二世帯住宅3】

こんにちは!

北海道の「美しい暮らしの空間アドバイザー」

たかだま まどかです。

ご訪問ありがとうございます!

   

10年前にリフォームした我が家

子ども部屋の続きを・・・

   

約3畳の子ども部屋にベッドと机を置く??

業者さん「B」に提案された型破りのプラン!

後に安東先生も唸らせた子ども部屋の間取りはコチラです↓↓

「意味がわからないのですが??」との声が聞こえてきそうです・・・

   

建物の構造上、窓の位置を変えられず

苦肉の策で正方形の部屋を

造作二段ベッドで斜めに仕切って2部屋にしています。

   

小さいですがそれぞれの部屋にクローゼットもあります。

間取り図の右上と左下の長方形は学習机を表しています。

実際も、ちゃんと学習机は置けていました!

当時の写真が無くて残念。

(息子達は成人。各々一人暮らし。机はすでに処分済みです)

   

間取り図では、左にドアが2つ。

そのドアを開けて中を見るとこうです↓↓

向かって右が間取り図で言うところのRoom A

左がRoom Bです。

イメージできますでしょうか?

   

右手のRoom A(二男)↓↓

以前はスチールラックの位置に学習机です。

二男帰省すると

狭くともこの巣の中(ベッド)が一番落ち着くと申しております^ ^

   

左手Room B(長男)↓↓

以前はPPケースの位置に学習机が。

   

↑↑長男のベッドは上段。部屋に入って右手です。

突っ張りラックはリフォーム当初より転落防止で設置しています。頻繁に帰省するため今も使っていますが、網目にホコリがたまりやすく、マメなお掃除必須でございます >_< 

このベッドの下段(反対側)がRoomA(二男)のベッドです。

初めて我が家に来た人にこの部屋を見せると

「えっ?えっ?」と言いながら

長男部屋と二男部屋をクルクルされます(笑)

      

それぞれ約3畳。

狭いですが、息子達はこの秘密基地のような部屋で青春時代を過ごし

各々巣立っていきました。

   

ハイ、メデタシ・メデタシーーー??

残念ながらリフォームは完了しても

当時の私は片付けや収納の情報に混乱していた頃。

「コレジャナイ感」に悶々としていました。

同時に、

リフォームしただけでは暮らしやすさは手に入らないことに

気づきはじめていました。

リフォームから既に5年を経過した、半ば諦めモードの頃です。

そこに救世主現る!?

「言い訳が多い!!」のお話に繋がるのです。

↓↓

   

「以前の私は」はもう少し続きます。

お付き合いくださいまして ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ


にほんブログ村

   

9年前の今日、突如起きた悲しい出来事。

大きな犠牲を払われた方々が、

今もなお、頑張っていらっしゃることを

これからも決して忘れません

   

「美しい暮らしの空間アドバイザー」は

お家の中での事故や怪我に繋がりにくい

安全に配慮した片付け・収納法を、

一軒でも多くのご家庭へ

お伝えしていきたいと考えています。

   

⑥以前の私は【二世帯住宅3】” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    子供部屋はこうなっていたんですね。あのセミナーの時はベッドより、三角のクローゼットがとっても気になっていました。でも個室として十分成り立っていますね。窓も夫々あるし、発想がお見事です。同じ3畳でも長方形ならどうなんだろうと考えたりしています。
     以前の私シリーズ、これから高玉さんがどう気づいてどう動いて行かれるかがとっても楽しみです。

    1. 三重の人さん、こんにちは。

      長男部屋の三角クローゼット!今回の記事では載せてませんが、
      ハンガーは15〜6本程度掛けられ、
      幅340×奥行445サイズの無印PPケースならハンガー下に入れられます!と今ならサラッと言えます。
      ・・・が、正直に申し上げると、リフォーム当初は「ココどう使おう??」と悩みました(小声)
      部屋が長方形だったら・・・私も考えましたよ〜 ^ ^
      窓の位置が変えられたら、それもアリだったかもしれません。
      この先が楽しみと言って頂いて嬉しい限りです。ぜひまた覗きに来てください。
      いつもありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です