③以前の私は【全部出しは深かった】

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます。

北海道の「美しい暮らしの空間アドバイザー」

たかだま まどかです。

今回も私がアドバイザーになる前のお話です。

   

安東先生を「ソロモン流」で見て

ビビビビーーーーッと電流が流れて以来、

安東先生のブログ「素敵な暮らしの扉」

を読み続けた私は

「お家丸ごとお片付け」に挑戦することを決意!

   

安東先生のお片付けなら

わが家のモヤモヤは解消できるはず!

自分が納得できる部屋作りをしたい一心でした。

実際始めてみると

安東流の片付けは、こんなに自分の意識も変わるのか!と

気づきもありました。

  

少し話はそれますが

知人に

私がお片付けの仕事をしていることを話すと

「あ〜。一回全部出して、いるいらないってするんでしょ?」

とサラ〜っと言われたことがありまして・・・

   

私は、ちょっとだけ鼻を膨らまして

「いえいえ、そんな単純なことではないんです。

全出しするってことにはもっと深い意味があるんですよ」

と返したことがあります^ ^

   

納戸などの作り付けの収納スペースを全出しすると

部屋は一時的に物で溢れかえり

「ギョッ」となりますが、

自分が何をどれだけ持っているのかを

再確認するためには、欠かせません。

   

仲間ごとに分けたら、取捨選択を。

いらないと判断した物は処分します。

   

私が納戸の物を取捨選択した時・・・

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

買ったのに使っていない物・使えなくなった物

・持っていることすら忘れていた物が出てきたからです。

   

これらは全て主人の収入の中から購入した物。

そんなもったいないことをしていたのかと

自己嫌悪に。

   

処分品は、ゴミの回収日に

主人と一緒にゴミステーションへ運びました。

主人は文句一つ言わずにです。

「俺が稼いだお金で買った物を粗末にして!」

と、思っていたかどうかは わかりませんが・・・

私が逆の立場ならそう思います。

   

でも、安東流でスッキリした今となっては

そういった思いをしておいて

良かったと感じています。

   

わが家の納戸
使う物だけを厳選して使いやすく

   

その経験をすると、欲しい物がある時には

「本当に必要な物かどうか」

「手持ちの物で代用できないか」

「買ったとしたら収納する場所は確保できるのか」

↑狭いわが家では特に重要なポイントです

よく考えるようになり意識も変わります。

   

この意識が有る・無しは

後にリバウンドする・しないに大きく関わっていきます。

そういう意味でも

全出しからスタートすることは、とっても大事なことなんです。

   

最後まで読んでくださりありがとうございました!

   

   

「安東流のお片付け」を多くの方々に知っていただきたくて

【にほんブログ村ランキング】に参加しています。

お帰りの前に↓のバナーを押していただけると幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

いつもありがとうございます更新の励みになっています!!


にほんブログ村

   

   

安東英子先生のエンディングムービー第二弾

これまでに5000件もの住まいのお悩みを解決してきた

”安東英子先生”が自身で編集・制作した動画の第二弾が完成!!

安東先生がお家を一軒丸ごと片付けていくプロセスを観ることができます。

まずはプロモーション動画をCheck↓↓

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です